スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ヘアアイロンを使って巻き髪を上手に作る方法

着物の髪形を作るにあたって一番使いこなしたい道具がヘアアイロンではないでしょうか。
ヘアアイロンも色々な種類が出ていて、ストレート用や巻き髪用などさまざまありますが、長く使うなら少し高くても、巻き髪が作りやすいヘアアイロンを選んだほうが便利で、使いやすいですよ!
ヘアグラアイロンというのが今一番人気のヘアアイロンみたいですね。
巻き髪を上手に作るにはヘアアイロンを上手に使えるか?にかかっています。

巻き髪を作る方法は実は2種類しかないんですね。
一つ目は外側に巻いていく「リバース」と呼ばれる方法、もうひとつは内側にまいていく「フォワード」という方法です。
この2つのヘアアイロンの巻き方を上手に使うことで女優さんやタレントさんのような美しい巻き髪を作ることができるんです。

ソフトな感じの着物の髪型巻き髪の作り方は、
ヘアアイロンの温度は150度くらいです。
ヘアアイロンで根元をはさんだら、とまらずにゆっくり毛先に向かって動かしていきます。
ハードな感じの着物の髪型の巻き髪にしたいときには
180度くらいの温度にしてゆっくりと少し時間をかけながらしっかり巻いていくようにします。

ヘアアイロンの太さにもカールを上手に作る秘密があるんです。
一番使いやすくてきれいなカールができるのが30~38cmの太さです。
髪の長さによって長い人は少し太めのカールを使ってもいいですし、短めの人は細めのカールを使うのがいいでしょう。

ヘアアイロンを使うときの注意点があります。
ヘアアイロンを使うときは、髪が痛まないようにと髪をぬらしたほうがいいのでは?と思う女性が多いみたいですね。
でも、ぬれた髪にヘアアイロンを当てると蒸気が出てびっくりします。
ヘアアイロンは髪を守るスタイリング剤をつけたあと、乾いた状態で使いましょう。
一箇所に時間をかけると痛んでしまうので、必ず動かしながら使っていけば大丈夫です。
ヘアアイロンでウェーブをつけたら、スプレーなどでキープさせましょう。


スポンサーサイト
ヘアアイロン | 【2009-12-16(Wed) 21:16:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 着物の髪型レッスン初心者向け All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。